Satoru Kawasaki のすべての投稿

地方紙各社の皆様JASRAC問題報道ありがとうございます!

【大分合同新聞プレミアムオンライン Gate】
 
【千葉日報】
 
【静岡新聞アットエス】
 
【神奈川新聞】
 
【上毛新聞ニュース】
 
【下野新聞「SOON」】
 
【福島民報】
 
【河北新報】
 
【秋田魁新報】
 
【岩手日報】
 
【福井新聞】
 
【北日本新聞】
 
【徳島新聞】
 
【長崎新聞】
 
【宮崎日日新聞】
 
【西日本新聞】
 
【中國新聞】
 
【山陽新聞】
 
【福島民友新聞社】
 
【デーリー東北】
 
【山陰中央新報】
 
【京都新聞】
 
【新潟日報モア】

ファンキー末吉:不誠実な著作権運用を続けるJASRAC是正に向け文化庁に上申書提出

昨日、2017年8月18日(金)ファンキー末吉は、不誠実な音楽著作権運用をこれまでの長い年月続けているJASRAC是正に向けて、文化庁に上申書を提出いたしました。

JASRACの音楽利用者に対する言い分は、いつも決まって「音楽は無料じゃない。良い音楽を利用した方たちが利用料を支払い、私たちJASRACが作詞者や作曲者などの著作権者に分配し還元することで、より良い音楽が生まれるのだ」という、当たり前の主張を続けておりましたが、ライブハウスなど一部の社交場と独占契約して利用料徴収している包括契約は【利用曲を調べない利用料徴収方法】です

「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末吉さん、文化庁に調査求める上申書 by弁護士ドットコム

包括契約では分配も還元もされていません。

また、JASRACは「統計学を利用したサンプリング調査で、JASRACが指定した店舗で利用曲を調べているが、全てを正しく分配する事が出来ていない」と認めています。

それも、全体のたったの2%だ。と言うのです。JASRACの言う全体って年間1,000億円を超える徴収額ですから、2%=20億円以上です。その分配が正確で無いなら、なぜ? キチンと調査をしないのでしょうか? JASRACにとってはたったの2%かもしれませんが、分配根拠を明かせないようなブラックボックスに年間20億円以上もプールできるような構造になっているJASRACは、不誠実な著作権管理団体といわざるを得ません。

JASRACを是正できるのは、文化庁文部科学省公正取引委員会だけです。

なぜなら、警察も取り締まれないように巧みに法律を利用し、裁判所や法曹界、弁護士にいたるまで、JASRACが文化事業と謳って毎年おこなっている大学への寄附講座が示すとおり、成蹊大学、慶應義塾大学、立命館大学、明治大学法科大学院など、これからの日本の法曹界を担う優秀な人材を大学が育成している時に、JASRACはシッカリ噛みこんで寄付をしてJASRACという法律の影響力を行使しています。

上申書の扱いも文化庁のサジ加減

JASRACによる利用料徴収や、分配の不透明な包括契約しか選ばせない契約方法など、日本国内での国内外を含む全音楽の音楽演奏許諾に関してはJASRACが100%独占的に許諾権を持っています

一般のライブハウスなど音楽演奏の場で、不透明な分配に疑問を持って「なぜ分配されない利用料を払わなければならないのか?」という問いを持って、不透明な包括契約を拒み「一曲ごとに利用料を支払ってシッカリ分配してもらいたい」と訴えても、それを決めるのは全てJASRACなんです。全部サジ加減。

しかもライブハウスに対しては「包括契約しか選ばせるな」というJASRAC内部文章があります。(ファンキー末吉を支援している弁護士による調査)*最後に書きましたが、心配しているG.Uさんからの内部告発では有りませんから、JASRAC関係者はこれ以上個人を抑圧したり虐める事はやめて下さい

今回の文化庁への上申書提出も「上申書を文化庁が受け取るかどうか? 上申書を受け取っても読むかどうか? 上申書を読んでも調査をするかどうか? 上申書にある調査をしてもファンキー末吉に対する報告義務は無く、JASRACによる著作権運用をどう考えるかは、全て文化庁の裁量で決めることだ」というのが文化庁の立場です。

文化庁のサジ加減でJASRACが是正されるかどうかが決まるのです

全日本国民の皆様のご理解とご支援をよろしくお願いいたします。

心配事:一般社団法人日本音楽出版社協会の会長 桑波田景信さんが代表を務める日音の社員の方で、音楽著作権を熱心に勉強していた明治大学卒のG.Uさんという方が、突然Facebookでのメッセージのやり取りやスレッドを全て削除してアカウントも削除してしまいました。JASRACの内情や現状を積極的に詳しく教えていただける方だったので感謝しているのですが、まさかとは思いますが、JASRACに余計なことをするなと虐められて、萎縮してしまったのだとしたら悲しいことなので、心配しています。これからも、立場は違えど、日本の音楽のためにご活躍くださいませ。

*報道各社の皆様へ:日音のG.Uさんへの取材を希望する方は、断られるのかもしれませんが、ファンキー末吉支援者の会 支援者代表 河崎覚 (Facebookアカウント)(Twitterアカウント)に直接お問い合わせ下さい。

【JASRACは暴力団関係者との契約を”うれしい”と言い放つ】

2016年度、#JASRACは、音楽利用許諾料として集めたお金=ライブハウスなどの社交場生演奏から包括利用許諾契約で得た著作権料収入=年間20億円(全体の2%)が正しく分配出来ていない事を認めた上で(週刊文春7月20日号参照)、自民、公明、民進、日本のこころ、の四党所属議員で著作権に造詣の深い政治家のパーティー券を1年間で240万円購入している。

<音楽教室からも取り立て>
<法的措置1500件>
JASRAC“コワモテ会長”と対決60分

その上、暴力団関係者に”カレー”を投げつけられながらも、契約を結べた時は”うれしい”と言い放つ。
 
JASRACは、日本国民から集めた音楽利用料という”お金”を政治家に循環させ、著作権法と文部科学省と文化庁を使ってJASRACの権力を保ち、暴力団関係者とも手を組み、反社会的勢力の音楽利用営業を法的に幇助する非常に悪質な著作権管理団体だということが判りました。

2017年7月21日(金)の朝日新聞朝刊

多くの音楽利用者が訴える「#JASRACの徴収はヤクザのみかじめ料と同じだ」という受け止め方は、まんざら嘘ではないようです。普段から暴力団関係者を取り締まっている警察官がコワモテであったり、見かけヤクザと見紛う事はよくありますが、JASRACの業態や訴訟による脅迫姿勢は、正に暴力団や反社会的勢力が法律を使って一般市民を脅しているのと変わりありません。

安倍首相は、共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法を可決させましたが、私たちのとても身近にある音楽の著作権管理をしているJASRACが、まさか暴力団や反社会的勢力が営利目的で音楽を利用できる契約を普段から喜んで締結している事には驚きを隠しきれません。

Kaz @ Vancouver さんからの応援メッセージ

既にJASRACのやり方が時代遅れであり殿様商売、独占企業ゆえの横暴なやり方で著作者への正しい分配もせず、音楽の振興に支障をきたすレベルなのは周知の事実です。
絶対負けないで、ぜひ風穴を開けて欲しいですし、JASRACシステムの改善~著作者への正しい分配の確立、もしくはJASRAC自体の崩壊を望みます。
正しいモノを正しいと言えない世の中はおかしいです??

ファンキー末吉”もう誰も私の口を塞ぐものはいない!!”最高裁上告棄却〜の闘い

最高裁上告棄却

日本の司法も裁判官も、文化庁も文科省もJASRACの手先なのか?

あぁ〜これで、最高裁判決が確定してしまった。

しかし、今回のLive Bar X.Y.Z→Aの裁判は、JASRACが勝手に決めた金額をライブハウスの言い分を一切聞かずに、文化庁が承認しているJASRACによる音楽利用規約にもとづいて、JASRACのサジ加減で利用者側に支払わせることができる。という、著作権法の取扱上の悪習が露呈しただけの裁判であって、そもそもファンキー末吉が問題にしている↓

JASRACに包括利用料を支払ったって著作権者に分配されてない

という、事実は一切無視されたというだけのことである。

さあこれからは、上記の本題に付いておおいに闘ってゆこう!

JASRAC&文化庁 VS 日本の音楽文化の発展に寄与したい国民との本気の闘いはこれから始まる。

それにしても、この裁判のおかげで、たくさんの支援者の皆様から頂いた寄付金は、今までの弁護士費用やJASRACとの戦いの資金としてファンキー末吉さんに全額お渡ししておりますが、これから始まるJASRACとの本当の戦いのために、引き続き寄付を集めさせていただきます。

お願いばかりで大変申し訳ございませんが、もう一度、ファンキー末吉が矢面に立って戦うJASRACとの本当の戦いのための資金として、皆様の寄付で支えてやってはもらえないでしょうか?

これからも、ファンキー末吉がJASRACを是正し日本の音楽文化を末永く発展させるために!是非ともよろしくお願いいたします。m( _ _ )m

kkg

 

寄付金報告!残額6,367円になりました!最高裁上告中【鑑定意見書】リンク有り!

2017-06-19現在の寄付金総額 6,367円になりました。

ご支援ご協力頂いている皆々様、毎月定期的にご寄付いただいている皆様、いつもありががとうございます。

JASRAC裁判に関する鑑定意見書

【判例評釈】
飲食を提供するライブハウスにおいて演奏者が主催するライブ演奏の主体はライブハウスの経営者であるとして演奏権侵害が肯定された事例
知財高判平成28年10月19日(平成28年(ネ)10041号)Live Bar事件
東洋大学 法学部 安藤和宏

新潟県弁護士会 会長による【JASRACによる音楽教室への著作権料徴収に関する会長談話】もお読み下さい。多くの一般国民や多くのJASRACから仕事を貰っていない弁護士が、JASRACの徴収と分配の不透明さを指摘し、JASRACのやり方に疑問を持っています。

これからも、文部科学省、文化庁、JASRACによる日本の音楽著作権収益が正しく著者に分配され、日本の音楽文化が独占団体に萎縮させられることなく発展することを願っています。引き続きファンキー末吉さんの裁判費用支援寄付金をこれからも集めますので、是非よろしくお願いいたします。

なかなか受理してもらえないようですが、最高裁判所に上告中です!
今後ともご支援頂けます様よろしくお願いします!

寄付金報告!残額 1,920円になりました!最高裁上告【鑑定意見書】リンク有り!

2017-03-23現在の寄付金総額 1,920円になりました。

ご支援ご協力頂いている皆々様、毎月定期的にご寄付いただいている皆様、いつもありががとうございます。

JASRAC裁判に関する鑑定意見書

【判例評釈】
飲食を提供するライブハウスにおいて演奏者が主催するライブ演奏の主体はライブハウスの経営者であるとして演奏権侵害が肯定された事例
知財高判平成28年10月19日(平成28年(ネ)10041号)Live Bar事件
東洋大学 法学部 安藤和宏

新潟県弁護士会 会長による【JASRACによる音楽教室への著作権料徴収に関する会長談話】もお読み下さい。多くの一般国民や多くのJASRACから仕事を貰っていない弁護士が、JASRACの徴収と分配の不透明さを指摘し、JASRACのやり方に疑問を持っています。

これからも、JASRACによる日本の音楽著作権収益が正しく著者に分配され、日本の音楽文化が独占団体に萎縮させられることなく発展することを願っています。引き続きファンキー末吉さんの裁判費用支援寄付金をこれからも集めますので、是非よろしくお願いいたします。

現在、最高裁判所に上告中です!
今後ともご支援頂けます様よろしくお願いします!